万人のためのハイパフォーマンスコンピューティング

HPC Do It Yourself Club

      HOMEE5-2600v3製品情報お役立ち情報購入案内お問い合わせ会社案内
      ムービーダウンロードドキュメント最新トピックスおもしろLinkHPCノウハウ

2015年の年末特価セールはこちら

ノマド+コピペでできる、バーチャルHPC Linuxクラスター構築

(2)バーチャルマシンにCentOS6.3をインストール

 前回の記事で、MacにインストールしたVMware Furionと、ダウンロードしたCentOS6.3を使って、これからバーチャルマシンにLinuxをインストールする。Linuxの数あるディストリビューションの中から、CentOSを選んだ理由は、CentOSが無償だが、Red Hat Enterprise Linuxにコンパチなことだ。多くのHPC用のアプリケーションはRed Hat Enterprise Linuxで動作保証をしている。CentOSを選択していれば、アプリケーションが動作しないという、無用のトラブルを少なくできる。バージョンを6.xにしたのは、5.xでは最新Intel CPUの拡張命令セットであるAVXに非対応だからだ。
 初めてVMware Fusionを使う人もいると思うので、以下の説明は省略無しで行う。この通りに操作すれば、新規のバーチャルマシンを作り、そこにCentOS6.3をインストールすることができる。写真が多いので、長くなってしまうが、実際の操作と時間はそれほどかからない。
 インストール作業は、VMware Fusionの立ち上げるところからスタートする。アプリケーションのフォルダーをクリックし、その中のVMware Fusion(以下ではFusion)をクリックして立ち上げる。
Fusion_icon.jpeg

Fusionが立ち上がった画面。
fusion01.jpg

上部左のファイルをクリックし、プルダウンメニューから新規をクリックする。
fusion2.jpg

新規仮想マシンアシスタントが立ち上がる。
fusion_new.png

「ディスクを使用せずに続行」をクリックすると、インストールメディアの選択画面になる。
fusion_media_select.png

「ディスクまたはディスクイメージを選択」をクリックするとファイルを選択する画面になるので、前回ダウンロードしたCentOS-6.3-x86_64-bin-DVD1.isoを選択し「開く」をクリックする。
fusion_centos63dvd.jpg

この画面になるので、「続ける」をクリック。
fusion_media_selected.png

この画面になるので、「続ける」をクリック。
fusion_select_os.png

Linux 簡易インストールの画面になるので、「簡易インストールを使用:」のチェックを外す。
fusion_simple_install.png

「続ける」をクリック。
fusion_simple_removed.png

新規仮想マシンアシスタントの 終了画面になるが、「設定のカスタマイズ」をクリック。
fusion_end_assistant.png

この画面になるので、
fusion_change_name.png

名前の「CentOS(64ビット)」部分を「hpc01」に修正して「保存」をクリック。
fusion_change2hpc01.png

hpc01:設定の画面が表示されるが、今はこのままで続行するので、左上の赤丸をクリックして閉じる。
hpc01_config.png

 これまでに行った作業は、hpc01というバーチャルマシンを作り、そこにCentOS6.3の仮想インストールDVDを差し込んだところまでだ。文章と写真での説明だと長く感じるかもしれないが、実際の操作は1分もかからない。
 準備ができたので、hpc01にCentOS6.3をインストールする作業に入る。表示されているこの画面で、スタートアップの上にあるプレイボタンをクリックする。
hpc01_start_ready2.png

VMwareのブート画面に続いて、CentOS6.3のWelcome画面が現れる。クリックした後、最上段の行が選択されていることを確認して、enterキーを押す。一旦、Fusionのバーチャルマシン(この場合はhpc01)の画面をクリックして選択すると、カーソルはその画面の外には抜け出せなくなる。カーソルを外に出すには、controlキーとcommandキーを同時に押す。その後は、カーソルは自由に外に出ていけるようになる。カーソルを見失ったら、この2つのキーを同時に押してみるといい。
centos_welcome.png

カーソルがバーチャルマシン上にあることは、次の写真の右上赤丸中の表示によっても知ることができる。
cursor_on_virtual_machine.png

しばらくすると次の画面になる。
dvd_found.png
右矢印キーを押してSkipを選択後enterキーを押す。
skip_media_test.png

しばらくすると次の画面になるので、Nextをクリック。
centos_install1.png

インストール時に使う言語の選択画面になる。好きな言語を選択する。ここでは、デフォールトの英語にする。選択したら、Nextをクリック。
select_language.png

キーボードの選択画面になる。Macに付いているキーボードを選択する。ここではデフォールトのU.S. Englishを選択。その後Nextをクリック。
select_keyboard.png

インストールするディバイスの選択画面になるので、デフォールトのBasic Storage Devicesのままで、Nextをクリック。
select_device_for_installation.png

次の画面になるので、 Yes, discard any dataをクリック。
storage_device_warning.png

ホストネームを入力する画面になる。
name_the_computer.png

Hostname:にhpc01と入力してNextをクリック。
name_is_hpc01.png

タイムゾーンの選択画面になる。
select_time_zone.png

地図上でTokyoを選択し、左下のSystem clock uses UTCのチェックを外し、Nextをクリック。
Tolyo_not_UTC.png

rootのパスワードの入力画面になる。
root_password.png

パスワードを適当に決めて入力する。弱いパスワードだと警告が出るが、今回は無視してUse Anywayをクリック。
weak_password.png

ハードディスクのレイアウトをどのように設定するかを選択する画面になる。
type_of_installation.png

Create Custom Layoutを選択し、Nextをクリック。
create_custom_layout.png

ディスクをいくつかの部分に分け、それぞれの役割を割り当てる画面になる。色々なやり方があるが、ここでは最もシンプルにレイアウトする。ディスクを2つに分ける。ディスクの先頭から殆どの部分を/に割り当て、最後の500MBをスワップ領域にする。仮想ハードディスクは、デフォールトの設定を使っているので、約20GBが1個割り当てられている。この画面で見ると、20473MBの容量があることがわかる。下から2行目の1版左のCreateをクリックする。
select_a_device.png

Create Storageの画面が出てくるので、デフォールトのStandard Partitionが選択されたままで、Createをクリックする。
create_storage.png

Add Partitionの画面が出てくる。
add_partition.png

最初に、ディスクの後半に割り当てるswap領域を作る。File System Type:でswapを選択し、Size (MB):を500にして、その他は変更せずに、OKをクリックする。
create_swap.png

するとswap領域ができたことが表示される。パーティション名はsda1になっているが、この後すぐに変わるので気にしない。再度、下から2行目のCreateをクリックする。
swap_created.png

同様にStandard PartitionのままでCrreateをクリックする。
create_storage2.png

同様にAdd Partition画面が出てくるので、Mount Point:で/を選択し、Additional OptionsでFill Maximum Allowable Sizeを選択し、更にForce to be a primary partitionにチェックを入れ、その他は変更せずに、OKをクリックする。
create_root_partition.png

これで必要なパーティションはできたので、右下のNextをクリックする。
all_parttion_created.png

フォーマットの警告が出るので、Formatをクリックする。
format_warning.png

パーティションテーブルを書き換える警告が出るので、Write changes to diskをクリックする。
write_disk_configuration.png

ディスクをフォーマットしている画面がしばらく出た後、boot loaderのインストール画面になるので、Nextをクリック。
install_boot_loader.png

少しして、インストールするソフトウェアを選択する画面になる。デフォールトではMinimalになっている。
select_software.png

最後のSoftware Development Workstationを選択し、Nextをクリックする。
software_development_workstation.png


いくつかの準備画面が表示された後、インストール作業が実行される。これにはしばらく時間がかかるかもしれない。
nstalling.png

しばらく待つと、インストール作業が終了する。右下のRebootをクリックする。
installation_complete.png

数種類の画面が表示された後、Welcome画面が表示される。右下のForwardをクリックする。
after_reboot_welcome.png

License Informationが表示されるので、内容を理解し、Forwardをクリックする。
license_information.png

Create User画面になるが、今は新規ユーザーを登録しないので、何も入力せず、右下のForwardをクリックする。
create_user.png

本当に登録しないのか確認されるので、Yesをクリックする。
confirm_not_to_create_user.png

日付と時間の設定画面になるので、何も変更せずに、右下のForwardをクリックする。
date_time.png

auto-enable kdumpにはメモリーが足りないと警告が出るが、OKをクリックする。
insuffcient_memory.png

前の警告の理由で、この画面は変更不可になっているが、問題ないのでFinishをクリックする。
configure_kdump.png

少し待つと、CentOS6.3のGUIログイン画面が表示される。
waiting_for_login.png

以上で、バーチャルマシンにCentOS6.3がインストールされた。写真が多いので、長くなってしまったが、実際の作業は難しくなく、時間もかからない。インストールを待つ時間が少しかかるが、この間は他のことをやっていればいい。
バーチャルマシンをサスペンドさせるには、左上の赤丸の部分(赤丸は解説用に付けたのもで、実際には存在しない)をクリックすればいい。
suspend.png

サスペンドすると、このような画面になるので、一目瞭然で再開するのも簡単にできる。Fusionを終了する場合は、すべてのバーチャルマシンをサスペンドさせてから行う。
suspend2.png

(次回に続く


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright (C) HPCシステムズ株式会社. All Rights Reserved.